がん治療で気をつけること|がん治療に効果があるとされているプロポリスなどの成分

抗がん剤治療をする時に注意が必要

抗がん剤で気をつけておくこと

抗がん剤治療では免疫力と体力が下がりやすくなっています。ですから、食事や生活習慣を見直す必要があると言えるでしょう。そうすることで、体に悪影響を及ぼす原因をなくすことができます。

抗がん剤の副作用を少なくする成分

免疫力を上げられる催芽ブドウ種子

催芽ブドウ種子は、数多くのポリフェノールを含んでいると言われています。これらのポリフェノールによって免疫力を上げることができ、抗がん剤の副作用を少なくする効果があるとされています。

たくさんの栄養成分があるプロポリス

プロポリスは植物性物質が混ざったものです。また、このプロポリスには体に良いたくさんの成分が含まれています。その為、がんにも効果があるので改善に期待ができるでしょう。

内臓の機能を向上させるスクワレン

スクワレンは、深海にいるサメの内臓から摂取されます。また、スクワレンは肝臓に効果が高いと言われているのです。効果としては、スクワレンを摂取すると体に酸素を送る働きがあり内臓の機能を活性化します。そうすることで、内臓が正常な働きをするようになるでしょう。。

がん治療で気をつけること

はちみつ

抗がん剤治療中の食事

抗がん剤治療をしている時はいつも以上に食事に注意が必要になります。ですから、どのような食事をするべきなのかを知っておくことが重要になるでしょう。そうすることで、早期の改善が期待できます。

食事の見直し

食事は抗がん剤治療の際に非常に大事なポイントとなります。その為、バランスの悪い食事をしていると悪影響を及ぼす可能性が出てきます。ですから、エネルギーやたんぱく質、ビタミンなどの栄養素をバランス良く摂取することが重要になるでしょう。

症状に合わせた食事をする

抗がん剤治療の時には様々な副作用が起こります。ですから、副作用の症状に合わせて食事を変えるようにしましょう。吐き気や嘔吐の症状があるのであれば匂いがあまりないものや味付けが薄いものにしておく必要があります。また、下痢を起こしていたら消化の良いものを時間をかけて少しずつ食べるようにしましょう。この他にも、症状によって適切な食事や食事方法があるので工夫をするようにして下さい。

生活習慣の見直しも重要

食事の見直しと同様に重要となるのが生活習慣です。抗がん剤治療の副作用は体力低下によって起きる場合がほとんどなので体力を落とさないようにすることが大切になります。また、抗がん剤治療の際は感染症に気をつけるようにしましょう。治療中は、免疫力が下がっているので感染症にかかる可能性が少なくはありません。ですから、手洗いやうがいをしっかりとして食事では十分な加熱をしたものを食べるようにして下さい。このようなことに気をつけると感染症になる可能性を下げられるでしょう。